「ノロウイルス食中毒の予防と対策」講習会のご案内【受付終了】

【受付終了】

 当協会では、ノロウイルスによる食中毒がもっとも多く発生する時期を直後に控えた今、食品を取り扱うみなさまを対象に、衛生的な手洗いについての講習会を企画いたしました。
 「食品衛生は手洗いに始まって手洗いに終わる、食中毒予防の原点は手洗い」と言われるとおり、手洗いの重要性についてはよく認識されているはずです。しかし現実には、50 年前と比べて、人の手を介した二次汚染による食中毒事故発生件数は増加の一途をたどっています。それはなぜでしょうか。予防のために真に大事なポイントはどこにあるのでしょうか。ノロウイルスによる事故多発期を間近に控えた今こそ、認識を新たにし、科学的根拠に基づいた正しい知識を身につけましょう。
 今回の講習会ではさらに、岩手県の高橋食品衛生指導員より、実際に発生したノロウイルスによる食中毒事故の経緯をお話し頂きます。事故の実例という、なかなか伺えないお話しですが、食品衛生協会会員のためにと、ご快諾をいただきました。この機会を活用し、ぜひ食中毒事故防止にお役立ていただきますよう、ご案内申し上げます。

 
 

 

1 日 時 平成26 年12 月5 日(金)13:30~16:30
 
2 会 場 ビックパレットふくしま 中会議室AB TEL024-947-8010
 
3 資料代 お一人1,000 円 (講習会当日、受付でお支払いください)
 
4 定 員 200 名
 
5 申込先 公益社団法人福島県食品衛生協会
〒960-8105 福島市仲間町10 番1 号
Tel 024-521-4310/Fax 024-523-5674
E-mail fukushimashokkyo@f-shokkyo.jp
 
6 締 切 平成26 年11 月21 日(金)*定員になり次第、締め切らせていただきます。
 
7 講習会プログラム(予定)
 
(1) 挨 拶
 
(2) ノロウイルスによる食中毒対策について
 
   福島県保健福祉部食品生活衛生課
 
(3) ノロウイルス食中毒予防のための衛生的手洗いについて
 
   公益社団法人日本食品衛生協会 学術顧問 医学博士 丸山 務 先生
 
(4) ノロウイルスによる食中毒事故の経緯とその後(事例)
   有限会社 桜舞 取締役社長 高橋紀男 先生
   (岩手県食品衛生協会 食品衛生指導員部会長)
 
(5) 質 疑 応 答
 
主催: 公益社団法人福島県食品衛生協会
共催: 公益社団法人日本食品衛生協会/郡山食品衛生協会
後援: 福島県/福島県食品産業協議会

 

※ 講習会申込書はこちらからダウンロードして下さい。