「ノロウイルス食中毒の予防と対策」講習会のご案内

 今年も秋を迎え、ノロウイルスが本格的に流行する時期が近くなりました。ノロウイルスによる食中毒事故の特徴は、その発生件数の多さと一件当たりの被害規模の大きさにあります。前者について、昨年度の当協会の「共済制度(あんしんフード君等)」による支払い状況をみますと、その4分の3をノロウイルス食中毒による支払がしめました。後者については昨年、322人の被害者を出したケースがあります。
 さらに最近の報道によれば、ヒトが免疫をもたない新たなノロウイルス変異体が登場し、ことし初めから国内で感染を広げていたことが分かりました。国立感染症研究所では秋以降、この新たなウイルスが主流となった場合には、大きな流行になるおそれがあるとして、警告を発しています。
 こうした状況を受け、当協会では今年もノロウイルスについての講習会を開催することになりました。今回は国立医薬品食品衛生研究所の野田衛先生をお招きし、最新の情報を含めたお話を伺います。また、食中毒事故の場合は不適切なおう吐物の処理によって集団感染に至るケースもあることから、「衛生的なおう吐物の処理について」、実演によって学んでいただきます。
 ぜひ、この講習会にご参加いただき、食中毒事故防止にお役立ていただきますよう、ご案内申し上げます。



  1. 1 日 時
    平成27年10月29日(木)13:30~16:30


  2. 2 会 場
    会津若松ワシントンホテル 会津若松市白虎町201 ℡0242-22-6111
    ※ 駐車場は100台程度ご利用できますが、台数に限りがありますので、可能な限り公共交通機関をご利用ください。なお、近隣には有料駐車場がございます(各自負担)。

  3. 3 受講料
    お一人様 2,000円(テキスト代含) 【当日、受付でお支払いください】
    テキスト持参の方  1,500円  (テキスト 『お客様、従業員、家族をノロウイルスからまもる』、(公社)日本食品衛生協会発行)

  4. 4 定 員
    200名 
  5.                                        
  6. 5 申込先
    公益社団法人福島県食品衛生協会
    〒960-8105 福島市仲間町10番1号
    Tel 024-521-4310/Fax 024-523-5674

    別紙に申込書を記入のうえ、FAXにてお申込みください。
    お申込み確認ののち、申込確認書(受付番号)を返信いたします。
    申込書はこちらからダウンロードして下さい。


  7. 6 締 切
    平成27年10月22日(木) *定員になり次第、締め切らせていただきます。

  8. 7 講習会プログラム(予定)
    (1) 挨拶
    (2) ノロウイルスによる食中毒対策について      
      福島県保健福祉部食品生活衛生課
    (3) ノロウイルス食中毒の予防について 
      国立医薬品食品衛生研究所食品衛生管理部第四室長  野田 衛 先生
    (4) 衛生的な手洗いについて(ビデオ)
    (5) 衛生的なおう吐物の処理について(実演)           
      東京サラヤ株式会社


主催: 公益社団法人福島県食品衛生協会
共催: 公益社団法人日本食品衛生協会/会津食品環境衛生協会
後援: 福島県/福島県食品産業協議会 (依頼中)

事務担当  公益社団法人福島県食品衛生協会 
TEL 024-521-4310 FAX 024-523-5674