「ノロウイルス食中毒の予防と対策」講習会のご案内

※ 定員になりましたのでお申込を終了させて頂きます。


 食中毒は夏に多く発生する、とお考えではありませんか?でも実際は、一年のうち11 月~2 月まで の冬期間に発生する食中毒件数がもっとも多くなっています。その原因はノロウイルスです。ノロウイ ルスは人への感染力がとても強く、とくに近年は調理従事者などからの二次汚染により、多様な食品が 原因食品となって、大規模な食中毒事件を引き起こすケースが多くなっています。
  厚生労働省では、このような状況を重視し、調理従事者などの衛生管理について、その基準の改正や 指導強化に取り組んでいるところです。そこで当協会でも、ノロウイルスによる食中毒がもっとも多く 発生する時期を控えた今、食品取扱者や施設関係者を対象に実践的対策を提供する講習会を企画いたし ました。
  この講習会にご参加いただき、ノロウイルスに関する知識を新たにすることで、食中毒事故防止にお 役立ていただきますよう、ご案内申し上げます。


日 時 平成25年12月4日(水)13:30~16:30

会 場 コラッセふくしま4 階 多目的ホール
〒960-8053 福島市三河南町1-20 ℡024-525-4089

資料代 お一人様 1,000 円 (講習会当日、受付でお支払いください)

定 員 250 名

申込先 社団法人福島県食品衛生協会
〒960-8105 福島市仲間町10 番1 号
Tel 024-521-4310/Fax 024-523-5674
締 切 平成25 年11 月22 日(金)
*定員になり次第、締め切らせていただきます。

講習会プログラム(予定)
(1) 挨拶

(2) ノロウイルスによる食中毒対策について ~行政の立場から~
福島県保健福祉部食品生活衛生課

(3) ノロウイルス対策について~学識経験者の立場から~
国立感染症研究所 ウイルス第二部第一室長 片山 和彦先生

(4) 食品取扱い企業におけるノロウイルス対策
イオン株式会社 グループお客さまサービス部
衛生管理グループ マネージャー 渋谷 修男先生

(5) 効果的な手洗い方法
福島県県北保健福祉事務所 生活衛生部衛生推進課長 石川 雅人先生

主催: 社団法人福島県食品衛生協会
共催: 公益社団法人日本食品衛生協会/福島県北食品衛生協会
後援: 福島県/福島県食品産業協議会
協賛: イオン株式会社