県南食品衛生協会 白河市字郭内127 0248-23-6789

 福島県中通り地方の最南端に位置し、東北みちのくへの玄関口として歴史的にも地理的にも重要な位置を占めております。東北自動車道、国道4号線、東北新幹線、東北本線、福島空港等交通体系が充実しており、首都圏への通勤圏内でもあります。近くには、戊辰戦争で激しい攻防戦の舞台となった「白河小峰城」があります。  昭和45年7月に「白河食品衛生協会」、昭和46年8月に「東白川地区公衆衛生協会」が設立され、平成9年5月白河・東白川が合併、「県南食品衛生協会」と名称を変更し、現在に至っております。
 管内は白河市(旧大信村、表郷村、東村が平成17年11月7日に合併)、西白河郡(矢吹町、西郷村、泉崎村、中島村)及び東白川郡(棚倉町、矢祭町、塙町、鮫川村)の1市4町4村で構成されております。



「だいき君」は街頭キャンペーンには欠かせない存在です。  ◎ 腹話術を操る棚倉町在住の松本英一さん

「だいき君」は街頭キャンペーンには欠かせない存在です。
◎ 腹話術を操る棚倉町在住の松本英一さん




所在地


〒961-0071
福島県白河市郭内127番地
TEL/FAX 0248-23-6789



管轄地域


白河市、矢吹町、棚倉町、矢祭町、塙町、泉崎村、中島村、西郷村、鮫川村



事業内容


① 営業許可事務手続きなどのお手伝い
② 営業施設の巡回指導
③ 食中毒予防キャンペーンの実施
④ 講習会の開催
⑤ 食品の自主検査
⑥ 情報の提供
⑦ 表彰
⑧ 各種共済のご案内・加入窓口