食品衛生協会から食の安心を消費者へ

「食の安心・安全・五つ星事業」


 食品衛生協会では、消費者に安全な食品を提供するため、会員のみなさまが自ら実施している「食品衛生対策」について、その実施状況をプレートに掲示する事業をスタートいたしました。
 消費者にとって、みなさまが日頃取り組まれている「食品衛生対策」が、店舗に掲示されたプレートにより理解できる事は、利用する店舗を選択する上で重要な情報の一つとなります。
 この事業では、食品衛生指導員が確認する「食品衛生対策」を5つの項目に区分し、実施が確認された項目毎に☆シールが付与されます。
  ぜひとも5つ星店を目指して、本事業にご参加ください。



「食の安心・安全・五つ星事業」五つ星取得店が公開されました。


こちらからご覧ください。



shokunoanzenanshin


「食の安心・安全・五つ星事業」の管理項目とは?


五つ星の意味(食品衛生管理項目)


従事者の健康管理実施店

従業員から食品等を介して発生する食中毒等の発生防止に努めるため、年1回以上健康診断および検便検査を受けさせている。


食品衛生講習会受講店

食中毒防止等に努めるため、年1回以上の食品衛生に関する講習会を受講し、年2回以上の従業員への衛生教育を行っている。


衛生害虫等の駆除対策実施店

衛生害虫等を媒介とした食中毒等の発生防止に努めるため、年2回以上の衛生害虫等の駆除作業を行っている。


食品衛生管理記録実施店

食中毒等の発生を未然に防ぐために、食品衛生管理記録簿に、日々の食品衛生に関する事項を記録している。


食品賠償責任保険加入店

万が一の食中毒事故等に迅速に対応するため、対人補償金額が年間5,000万円以上の食品賠償責任保険に加入している。